概要

こんにちは!Qitzの平田です!

前回に続いて、今回はUnity公式の2Dアクションチュートリアルを徹底的に丁寧に解説して行きます!

Unity公式Boltのチュートリアル(英語)のキャラクターをキーボード矢印に応じて水平移動するところまでを作って行きますよー

https://learn.unity.com/tutorial/character-controller?uv=2019.3&projectId=5ea809f0edbc2a00215f1fa5#5ea81ee4edbc2a00215f245c

ここの辺りですね!早速作っていきます!

矢印ボタンに応じて動きをつける

まずは、変数を作成

HierarchyのPlayerを選択してVariables(変数を管理用のwindowですね)のObjectタブで

Speedと入力して[+]ボタンを押下します。

続いてTypeをFloatに、Valueを5と入力します。

これでプレイヤーSpeed(プレイヤーの速さ)を5とする変数ができました!

水平入力を受け付けるUnitを作成する

次に、FlowGraphの何もないところを右クリックして AddUnitを選択

検索欄に get axis と入力して出てきた候補から input:GetAxis を選択します。

そして、Axis NameにHorizonralと入力します。

この処理は何かというと

これは、キーボードの入力を受け取るためのUnitになります。

AxisNameにHorizontalを入れたので、キーボードの

左矢印と右矢印の入力を受け取ることができます。

HorizontalとSpeedを掛けた値を取得できるようにします

GetAxisの青丸からコネクタをFlowGraphの何もないところまで伸ばします。

繋ぎ先の新Unitを追加できるので、ここでMultiplyを選択します。

次にMultiplyのBの口からコネクタをFlowGraphの何もないところまで伸ばしてGetVaiableのUnitを追加し、オレンジの入力のところにSpeedと入力します。

この処理は何を行っているのか?

これは、GetAxisからの出力された(1 ~ -1)の値(左矢印と右矢印を押下するとこの値が返ってきます。)にMultiplyという掛け算をしてその値を返すUnitにつなげて、Speedの値を掛けたものを取得できるようにしています。

この処理では 5 ~ -5 の値を取得できるようになっているかなと思います!

次回

ちょっと時間が押してきたので次回に続きます!

次回はRigidBodyという力を加えるUnitにつなげて実際にプレイヤーを動かします!